Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
みつろうキャンドルを作ってきました!
0

    6月26日にearth coverさんで行われた「みつろうキャンドルを手作りしよう!」に参加してきました[E:sign03][E:smile]

    みつろうとは、ミツバチが巣を作るために体の中で作りだすロウのことで、ミツバチが花の蜜を体の中ではちみつに作り変えている時に、おなかからでるロウのことです。
    ミツバチは、このロウを口に入れて、20分くらいかみ続け、ミツロウに変化するそうです。
    ビックリ!20分もかむのですね[E:smile]
    今回使ったミツロウは黄色い色をしていましたが、鉢の種類(吸う花の種類)によっては、乳白色や茶色い色をしたミツロウもあるそうです。

    この自然界から生まれたミツロウは、保湿性、殺菌性にとっても優れている自然素材として、キャンドルの他にリップバームやハンドクリームを作るのに最適だそうです[E:clover]
    1Kgのミツロウを作るのにミツバチが飛ぶ距離は…、

    またまたビックリ!なんと、地球8周分(32万キロ)!!!

    今回は、このとっても貴重なミツロウを使って、2つのキャンドルを作ってきました[E:shine][E:shine]

    1

    使用するのは、1つのキャンドルにつき、ミツロウ20グラムと、好きな香りのエッセンシャルオイル。
    私は、「イラン・イラン」と「下川のMOMI」のオイルをチョイスしました。
    もちろん、香りを付けなくてもOKです。自然のミツロウは優しい植物のような香りがします。




    2

    次に、小さな紙コップを用意して、1つ当たり20グラムのミツロウを計り、お家にある空き缶などに入れてください。
    空き缶を使用するのは、次に溶かす際に、熱のとおりが良いためです。

    大きなキャンドルを作りたい方は、容器に合わせてミツロウの量を調整してください。
    あまり大きい物を選んでしまうと、最初は固まるのにちょっと苦労するかもしれません。

    3_5


    お鍋に、缶に入ったミツロウが浸かるくらいのお湯を入れて火にかけます。





    4

    コツは、ミツロウを解かしている間に割り箸などで軽く混ぜ合わせてて、ロウが透明に溶けるまでじっくりと温めていくことです。[E:think]
    缶は熱くなるので軍手などを履いてください!

    その間に、用意した紙コップに、芯となるキャンドル用の紐をたらします。
    この紐は、東急ハンズなどでキャンドル用として販売されています。


    5

    紐を爪などで極力まっすぐにのばして、紙コップの中心にまっすぐたれるようにしてください。
    割っていない割り箸にはさめて準備します。

    ここでのコツは、紐を中心に垂らすこととと、紙コップの底にギリギリ触れるくらいに長さを調整することです!
    上に余った部分はハサミで切れば良いので、下に合わせてくださいね〜。

    混ぜていたミツロウが全て溶けたら、用意した紙コップに流します。

    6_2

    ミツロウはすぐに固まってしまうので、手早くエッセンシャルオイルを垂らしてください。
    今回は5滴、入れました[E:wink]
    オイルはお好みで調整してくださいね〜。
    ちなみに、今回使用したのは、アースカバーさんでも販売しているオーガニックのエッセンシャルオイルです。

    7

    そのまま15分くらい放置すると、だんだんと色が濁ってきて固まります。
    動かすと淵についたまま固まってしまうので、そのまま放置してください。

    後は辛抱強く待つだけ!
    有る程度固まったら完成です〜[E:flair]


    大体半日〜1日置いた後、コップをハサミで切って綺麗にはがすとキャンドルの出来上がり!

    使用するときは、溶けやすいので耐熱性のガラスに入れていただくか、下にアルミホイル等を敷いて灯してください、とのこと[E:shine][E:shine]

    簡単!に好きなオイルを使って自分好みのキャンドルが作れちゃいます[E:heart01]

     

    8_2

    早速灯してみましたよ〜いかがですか?

    作成時間は30分程度。
    ミツロウは15グラム300円くらいで売っています!

    本当に楽しく、簡単に作ることができました。
    灯すだけではなく、薔薇の香りを付けておトイレに置いたり、クレヨンを削って色をつけたり、自分なりにアレンジしてみるのもいいですね〜[E:shine][E:shine]

    教えてくださったアースカバーの千徳さん、本当にありがとうございました[E:sign03]
    (はな)


    みなさんもぜひぜひ作ってみてくださいね〜。

    posted by: | キャンドルナイトイベント | 12:20 | comments(0) | - |